5月は腰痛にご注意を!

こんにちは。院長の赤堀です。

風が気持ちの良い季節となりましたね。

 

が、

 

5月は腰痛やぎっくり腰が1年で一番多い季節なのは、ご存じでしょうか?

千葉大学医学部付属病院の調べでは、5月に腰痛患者がピークを向かえます。

 

なぜ5月に腰痛やぎっくり腰が増えるのでしょうか?

それは卒業や入学、入社や転勤、転職など、新生活によって大きなストレスがかかり、それが腰痛に関与していると考えられます。

また、花粉症も大きな原因の一つです。

なんと1回のくしゃみで、腰に最大300kgの負担がかかってしまうのです!!

 

腰痛は1回の衝撃で痛みが出るわけではありません。

様々な原因が積み重なり蓄積され、最後は何らかの衝撃や動作で腰痛になるといわれています。

特にストレスの蓄積は大きな原因となります!

 

ということは、積み重ならなければ、腰痛になりにくいということ!

蓄積してきたと思ったら、腰痛のケアをすることが大事なのです。

 

痛くなる前に、蓄積してきたと思ったら、おひさま鍼灸整骨院で腰痛のケアをしてみてはいかがでしょうか?